スマートフォン版を表示

用語集

不動産市場安定化ファンド (ふどうさんしじょうあんていかふぁんど)
J-REITを対象に設立された官民ファンドのこと。リーマンショック後にJ-REITとしては初の破綻事例が発生したため、その後に投資法人の借換えが困難になることで破綻することを防ぐ(セーフティネット)目的で設立された。投資法人から見れば調達金利が高いなどの障害もあり利用事例は2例だけとなったが、政府主導でセーフティネットが設立されたことによる効果は大きかったとされている。

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 ラサールロジ +1.88%
2 オリックス不動産 +1.43%
3 三井不ロジ +1.37%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。