スマートフォン版を表示

用語集

物件売却益の課税特例 (ぶっけんばいきゃくえきのかぜいとくれい)
J-REITでは、平成21年及び平成22年の土地などを取得した法人が、取得した年の翌年以降10年以内に保有する別の土地などを売却した場合に適用される課税上の特例を指すことが多い。物件売却益のうち平成21年取得部分については80%、平成22年取得部分については60%が非課税となる一方で非課税額分の土地簿価の減額(圧縮記帳)が必要になるため課税の繰延措置となっている。J-REITでは数少ない内部留保の手段として活用されることが多い。

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 ジャパン・ホテル +1.95%
2 フロンティア +1.35%
3 MidCity +1.20%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。