スマートフォン版を表示

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 (3298)

J-REIT銘柄情報

3298 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人

インベスコグループがインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の投資口公開買付を正式発表

(2021/06/17)

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(IOJ)のスポンサーであるインベスコグループが、IOJの投資口公開買付(TOB)を行うことを正式に発表した。 提案書のとおり、IOJの全投資口を対象とし、公開買付価格は22,750円、買付予定口数の下限を54.10%、買付期間は6月18日~7月27日までとする。TOB成立後、投資口併合によるスクイーズアウト(少数投資主排除)を行い、非上場化を進める予定。 これに対し、IOJは本TOBに賛同することを表明した。 IOJは、スターウッド・キャピタル・グループ(SCG)によるTOBに対し、投信法においてスクイーズアウトは認められず、投資口併合によるスクイーズアウトの買収スキームに深刻な強圧性があると判断し、反対を表明した。しかし、金融庁等の動きがなかったことや識者の見解等を経て、投信法において投資口併合によるスクイーズアウトが必ずしも認められないわけではないと考えを改めた。SCGの公開買付価格を1.11%上回る公開買付価格の合理性や、現資産運用会社がIOJの運用実績を持ちポートフォリオを十分理解している点等から、本TOBの条件は妥当であると判断した。

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の記事を最新5件
2021/10/08
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が11月9日上場廃止予定
2021/08/30
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が上場廃止予定に伴い業績予想を取り下げ
2021/07/28
インベスコグループによるインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の投資口公開買付が成立
2021/06/16
スターウッド・キャピタル・グループによるインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の投資口公開買付が不成立
2021/06/15
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が第14期決算を発表、1口当たり実績分配金は420円
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 サムティ・レジ +1.44%
2 いちごオフィス +1.18%
3 タカラリート +1.10%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。