スマートフォン版を表示

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 (3298)

J-REIT銘柄情報

3298 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人がスターウッド・キャピタル・グループによるTOBの意見表明を留保、TOB期間延長を要請

(2021/04/15)

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(IOJ)が、スターウッド・キャピタル・グループ(SCG)による投資口公開買付(TOB)に対し、意見表明を留保すること、SCGにTOB期間の延長を要請したことを発表した。 背景として、本TOBが事前協議なく強圧的に提案されたことで、投資主が適切な判断が出来ない点を指摘。TOB提案内容を評価判断するための情報が不足していることから、SCGに対し質問状を提出するとともに、TOB期間満了前に投資主総会が開催できるよう、TOB期間を60営業日まで延長することを要請する。 IOJは、SCGが提案する投資口併合によりスクイーズアウト(少数投資主排除)を伴う買収スキームが、反対する投資主の異議表明をする機会がない点、強制的なスクイーズアウトは投信法上想定されていない点から、投資主の利益保護に深刻な懸念があることを指摘する。 これらIOJからの要請及び質問に対するSCGの回答期限は4月22日としている。

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の記事を最新5件
2021/05/10
スターウッド・キャピタル・グループがインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の公開買付価格を21,750円へ変更
2021/05/06
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人がスターウッド・キャピタル・グループによるTOBに反対表明、スポンサーグループへ投資口買付を要請
2021/04/23
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人が投資口公開買付の緊急差止命令の申立てに関する申入書を提出
2021/04/07
スターウッド・キャピタル・グループがインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の投資口公開買付を正式発表
2021/04/02
スターウッド・キャピタル・グループがインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人に非上場を目的とした投資口公開買付を提案
  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 野村不動産マスター +3.81%
2 グローバル・ワン +3.77%
3 エスコンジャパン +3.61%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。