スマートフォン版を表示

J-REIT市況月次レポート 2015年1月

1.REIT全体市況

1月の東証REIT指数(配当なし)は、前月比-0.60%の下落。一ヶ月通して株式相場と反比例する形となった。月初は原油価格の下落やギリシャ政局不安、月中に掛けてスイスフラン高騰の余波を受け、株式市場が下落するのに対し、東証REIT指数は長期金利の低下を背景に逆行高となった。16日終値は1,990.45と2007年12月以来7年ぶりの高値を付けた。
しかし、月後半になると、原油価格の一服感や欧州金融緩和から株式相場が反発するのに対し、東証REIT指数は長期債の需給悪化から長期金利が乱高下したのをきっかけに、これまでの急上昇の反動から月末に掛けて急落した。足元の投資口市況は長期金利の推移に大きく影響を受ける展開となっている。月間ベースで見ると、昨年3月以来10ヶ月ぶりの下落、特に日銀の追加金融緩和に伴う11月以降の急上昇に一旦歯止めが掛かった様相。
1月における日銀の買入れは7回計84億円。買入れは東証REIT指数が調整に入った月後半に集中している。

1月は6件の公募増資が発表された。日銀の追加金融緩和発表以降上昇した投資口市況を受け、資本効率の高い増資が出来ることから、外部成長を加速する。但し、月前半と後半で投資口市況が反転したため、結果的に想定した調達額を下回った銘柄も存在する。また増資により減配予想を発表した銘柄は、増資後の投資口価格に下落傾向が見られる点から、中期的に見れば増資の時期や分配金水準に十分留意した増資姿勢が問われる。
2014年11月期決算発表を見ると、オフィスビル系銘柄は稼働率の改善、フリーレントの縮小、賃料の反転を受け、分配金水準の増加が顕著である一方、賃料の安定性の高いレジデンス系銘柄や、長期契約の商業施設・物流施設系銘柄の分配金水準は横ばいもしくは僅かな増加に留まっている。景気回復からオフィス市況の改善が強まれば、REITのセクターによる収益力の格差がより拡大すると見られる。

 

<市況データ>

 

2015年1月末現在

(前月末比)

東証REIT指数(配当なし)

1,886.51

-11.41

東証REIT指数(配当込み)

3,260.64

-12.96

時価総額合計

10兆5,610億円

-174億円

平均分配金利回り(時価総額による加重平均)

3.05%

+0.04%


<東証
REIT指数と予想分配金利回りの推移>  (グラフは2013年2月~2015年1月の24ヶ月間) 



2.個別銘柄データ

2015年1月末現在
証券
コード
投資法人名 投資口価格
(円)
騰落率
(1ヶ月)
予想分配金
利回り
時価総額
(百万円)
時価総額シェア
8951 日本ビルファンド投資法人 580,000 -3.97% 2.60% 818,960 7.8%
8952 ジャパンリアルエステイト投資法人 573,000 -1.21% 2.69% 717,127 6.8%
8953 日本リテールファンド投資法人 255,200 0.47% 3.27% 620,187 5.9%
8954 オリックス不動産投資法人 176,600 4.62% 2.90% 374,548 3.5%
8955 日本プライムリアルティ投資法人 412,000 -1.44% 3.07% 339,900 3.2%
8956 プレミア投資法人 629,000 6.61% 3.34% 164,294 1.6%
8957 東急リアル・エステート投資法人 156,000 -4.65% 3.14% 152,506 1.4%
8958 グローバル・ワン不動産投資法人 488,500 6.89% 3.85% 94,671 0.9%
8959 野村不動産オフィスファンド投資法人 601,000 1.01% 3.16% 223,904 2.1%
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 188,700 -0.11% 3.07% 498,981 4.7%
8961 森トラスト総合リート投資法人 245,200 1.74% 3.10% 323,664 3.1%
8963 インヴィンシブル投資法人 52,600 4.57% 2.70% 140,373 1.3%
8964 フロンティア不動産投資法人 537,000 -2.36% 3.35% 266,352 2.5%
8966 平和不動産リート投資法人 97,900 -0.20% 3.53% 93,117 0.9%
8967 日本ロジスティクスファンド投資法人 252,300 -6.38% 3.04% 209,409 2.0%
8968 福岡リート投資法人 237,600 6.59% 2.82% 163,944 1.6%
8972 ケネディクス・オフィス投資法人 699,000 3.25% 3.15% 283,015 2.7%
8973 積水ハウス・SI レジデンシャル投資法人 133,000 -2.35% 3.20% 135,409 1.3%
8975 いちご不動産投資法人 92,400 -1.28% 3.44% 104,442 1.0%
8976 大和証券オフィス投資法人 683,000 1.49% 2.59% 301,203 2.9%
8977 阪急リート投資法人 153,000 -0.13% 3.31% 91,418 0.9%
8979 スターツプロシード投資法人 217,400 3.18% 3.74% 37,779 0.4%
8982 トップリート投資法人 505,000 -6.31% 3.62% 88,880 0.8%
8984 大和ハウス・レジデンシャル投資法人 553,000 -4.66% 3.12% 206,750 2.0%
8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人 77,600 0.78% 2.97% 232,123 2.2%
8986 日本賃貸住宅投資法人 93,600 -5.36% 3.45% 138,066 1.3%
8987 ジャパンエクセレント投資法人 151,300 -5.73% 3.24% 183,489 1.7%
3226 日本アコモデーションファンド投資法人 486,500 2.53% 3.19% 224,482 2.1%
3227 MIDリート投資法人 301,000 -0.33% 3.85% 55,271 0.5%
3234 森ヒルズリート投資法人 166,600 -3.36% 2.77% 261,569 2.5%
3240 野村不動産レジデンシャル投資法人 683,000 -5.40% 3.40% 109,826 1.0%
3249 産業ファンド投資法人 594,000 7.03% 2.84% 196,652 1.9%
3269 アドバンス・レジデンス投資法人 301,500 -6.07% 3.19% 391,950 3.7%
3278 ケネディクス・レジデンシャル投資法人 341,000 -5.41% 3.57% 95,181 0.9%
3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人 1,053,000 0.67% 3.10% 291,820 2.8%
3263 大和ハウスリート投資法人 571,000 -4.83% 2.86% 167,577 1.6%
3281 GLP投資法人 133,800 0.15% 3.30% 319,880 3.0%
3282 コンフォリア・レジデンシャル投資法人 257,100 -2.06% 3.33% 103,521 1.0%
3283 日本プロロジスリート投資法人 277,400 6.45% 2.79% 480,110 4.5%
3285 野村不動産マスターファンド投資法人 147,700 -5.08% 3.28% 245,959 2.3%
3287 星野リゾート・リート投資法人 1,336,000 5.61% 2.51% 57,407 0.5%
3290 SIA不動産投資法人 516,000 13.16% 4.32% 38,752 0.4%
3292 イオンリート投資法人 161,200 -5.40% 3.16% 153,140 1.5%
3295 ヒューリックリート投資法人 176,400 -3.13% 3.12% 137,768 1.3%
3296 日本リート投資法人 374,000 3.60% 3.70% 56,777 0.5%
3298 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 116,500 2.01% 3.95% 50,407 0.5%
3308 日本ヘルスケア投資法人 259,800 -6.81% 2.66% 15,796 0.1%
3451 トーセイ・リート投資法人 127,800 -5.96% 2.51% 12,269 0.1%
3309 積水ハウス・リート投資法人 143,000 3.10% 2.77% 90,376 0.9%

 

予想利回り算出方法:年換算予想分配金(当期予想分配金+次期予想分配金)/投資口価格

但し、 決算期が年1回の銘柄: 年換算予想分配金(当期予想分配金)/投資口価格
※予想分配金が未発表の場合、直近期の予想分配金を使用する 

※実質運用日数が変則期間の場合、年換算に修正する 

※GLP投資法人(3281)、日本プロロジスリート投資法人(3283)、日本ヘルスケア投資法人(3308)は利益超過分配金を分配金に含めて算出する

 

バックナンバー

※2013年11月以前のバックナンバー(PDF)はこちら

  • PR

  • PR

決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿マインズタワー 1,338億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 グローバル・ワン +1.15%
2 野村不動産マスター +1.05%
3 積水ハウス・レジ +0.81%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。